SATSプレミアラウンジ利用レポート

2020年1月27日

スポンサードリンク

SATSプレミアラウンジ
SATSプレミアラウンジ

JGC修行でシンガポールを訪れた際、チャンギ国際空港ターミナル1にあるSATSプレミアラウンジでリラックスしてきました!

SATSプレミアラウンジ(SATS Premier Lounge)

SATSプレミアラウンジは、チャンギ国際空港の各ターミナルにあるメジャーなラウンジです。
名前は同じですが、ターミナルによって若干の違いがあります。
今回はターミナル1にあるSATSプレミアラウンジをご紹介します!

むぎ
むぎ
プレミアムじゃなくて、プレミアね
はる
はる
なんでターミナル1の紹介かというと、JAL発着がターミナル1だからだよ
チャンギ空港はラウンジがたくさん!
チャンギ空港はラウンジがたくさん!

SATSプレミアラウンジの利用方法(利用条件)

SATSプレミアラウンジの利用方法は数多く存在します。
なので、利用条件をご紹介します。

SATSプレミアラウンジ利用条件
  1. ANAプレミアムエコノミー利用者
  2. ユナイテッド航空のファーストクラス、ビジネスクラス利用者
  3. ブリュッセル航空のビジネスクラス利用者、ゴールドメンバー
  4. マレーシア航空のビジネスクラス利用者、ゴールドメンバー
  5. エアインディアのビジネスクラス利用者
  6. エディハド航空のビジネスクラス利用者、ゴールドメンバー
  7. 大韓航空のファーストクラス、ビジネスクラス利用者、FCCカード所有者
  8. ラオス国営航空/タイガーエア/セブ航空/スクート航空のラウンジ利用可能者
  9. プライオリティ・パス所有者

航空会社の上位座席(エコノミークラスより上の座席)を予約していると使えるっぽい感じですね。

私は今回もプライオリティ・パスで利用してきました。

プライオリティ・パスのススメ

プライオリティ・パスはチャンギ空港で真価を発揮する気がします。

SATSプレミアラウンジのレセプション
SATSプレミアラウンジのレセプション

レセプションでプライオリティ・パスと搭乗券を見せて、サインしたら中に入れる、至ってシンプルなシステムです。

はる(楽)
はる
入り口が大理石っぽくてカッコイイ!
むぎ(楽)
むぎ
プライベートスペースみたいな感じで高級感がある!

SATSプレミアラウンジの基本情報

SATSプレミアラウンジの基本情報
  1. チャンギ空港のターミナル1~3にある
  2. プライオリティ・パスの利用可能なラウンジ
  3. 24時間営業
  4. 到着時利用OK
  5. シャワールームでリフレッシュできる!
  6. 軽食・ドリンク無料!
  7. 無料Wi-Fiが使える!
  8. マルチプラグ電源(変換プラグなくてOK)
  9. マッサージチェアがある

チャンギ空港のターミナル1~3にある

SATSプレミアラウンジは、チャンギ空港内に3箇所存在します。
ターミナル1~3、それぞれの場所へは歩いてだったりスカイトレインという電車(無料)で移動することができます。
ですのれ、プライオリティ・パスがあれば、それぞれのSATSプレミアラウンジを利用することができ、大きな違いはありませんが違いを楽しむことができます。

プライオリティ・パスの利用可能なラウンジ

チャンギ空港内はプライオリティ・パスで利用できるラウンジが多く存在しますが、SATSプレミアラウンジもその1つとなっています。

24時間営業

JGC修行僧にとっては24時間営業のラウンジというのは非常にありがたいものです。
プライオリティ・パスでの利用の場合、3時間の利用制限がありますが、プラザプレミアムラウンジ同様、こちらも混雑していない限り時間の管理はされていないようです。

到着時利用OK

一般的にラウンジは出発前にくつろいでもらうための施設となっているので、到着時に利用できるのはかなり嬉しい。

シャワールームでリフレッシュできる!

シンガポールは常夏の国なので、空港を一歩出れば汗だくです。
出発前などにもシャワールームで汗を流してリフレッシュできるというのは、非常に嬉しいサービスです。

軽食・ドリンクが無料!

ビュッフェ形式の食事やソフトドリンク、アルコール飲料が無料で提供されています。
アルコール飲料はラウンジによって提供時間の制限があるところもありますが、SATSプレミアラウンジであれば24時間飲むことができます。

無料Wi-Fiが使える!

空港内も無料で利用できますが、ラウンジ内は専用のWi-Fiがあります。
もはやチャンギ空港では常識のような感じです。

マルチプラグ電源(変換プラグなくてOK)

マルチプラグ電源もラウンジに限ったことではなく、空港内全体がそんな感じみたい。
ラウンジ内でもたくさん電源があるので安心。

マッサージチェアがある

チャンギ空港広しと言えど、たくさんのラウンジがあるとはいえ、マッサージチェアがあるラウンジはSATSプレミアラウンジだけかもしれない。
疲れた身体をリラックスさせてくれるマッサージチェアがあるのは非常にポイント高い!




ラウンジ内の雰囲気

深夜便利用のため、ほとんど人がいませんでした。
そして私も疲れ果てていてラウンジ内の写真をほぼ撮っていないという失態・・・スミマセン・・・。

ただ、非常に広々としていていろんな種類の座席がありました。
半個室タイプのビジネスコーナー、ソファやカウンターテーブルなど。
食事するエリアとラウンジエリアが分かれてるような印象を受けるので、非常にきれいな印象を受けました。

SATSプレミアラウンジの食事

実はお腹もいっぱいだったため、食事は頂いていません。
が、写真はちょっと撮ってます。

深夜帯でしたが食事は結構充実しています。
充実しているように見えないのは、私が写真を撮っていないだけで、なかなかの品揃えでした。

ドーナツやパン、サラダなど
ドーナツやパン、サラダなど

奥側に見えるパンなんて、種類が豊富です。
サンドイッチなんかもあるんですが、海外のラウンジのサンドイッチって、なぜかすべて手作りしたのをラップで包んで置いてあるんですよね。
個人的にはちょっと手が出しにくいです。

SATSプレミアラウンジといえばヌードルカウンターが有名で、日によってメニューが異なるらしいです。
スタッフさんがいれば作ってもらうこともできますが、基本的にセルフサービスです。

ホットミールは深夜でもばっちり補充されています
ホットミールは深夜でもばっちり補充されています

実はSATSプレミアラウンジは元JAL指定のラウンジなのですが、食事は流石の品揃え。
ホットミールもきちんと補充されており、プライオリティ・パス利用ラウンジの中で一番食事が豊富かもしれません。

アルコール類もウィスキー、ウォッカ、ジン、ワイン(赤・白)、ビールと一通り揃っていて、24時間いつでも飲めるというのが大きなポイント。
食事もアルコールも24時間楽しめるのでお勧めです。

ごめんなさい、写真が本当に少なすぎるんですが、ソフトドリンクも充実していますよ!




SATSプレミアラウンジのシャワールーム

実は今回シャワールームの写真はありません。
事前にプラザプレミアムラウンジで利用したからというのもあるんですが、ちょっと汚い印象があったので写真撮るのも憚られました。

SATSプレミアラウンジのシャワールームはトイレと同じエリアにあって、セルフで利用が可能な場所です。
つまり、清掃が入っていない場合もあるんです。

たまたま私がそれに当たっただけなのかはわかりませんが、掃除中だったりもせず、床もびしょぬれ。
トイレを借りたくても便座に座れないくらい便座もびしょぬれ・・・この液体なんだ・・・?という感じで写真に収めたらダメな感じでした。

このラウンジ内のトイレを利用するくらいなら、空港のトイレを利用する方が綺麗・・・というくらいでした。

はる(哀)
はる
たまたまかもしんないよね!
むぎ
むぎ
空港のトイレは掃除した人の評価ができるシステムだから割と綺麗だよ

おすすめはマッサージチェア

個人的に一押しなのはマッサージチェアです。
マッサージチェアはかなり人気なようで、この時は運よく4台すべてが空いていました。
タブレットも置いてあるし、充電も出来るのでリラックスした時間を過ごせます。

SATSプレミアラウンジのマッサージチェア
SATSプレミアラウンジのマッサージチェア

空港内をずっとウロウロするのも、足が疲れちゃうんですよね。
ソファに座ってくつろぐのもいいんですが、マッサージしてほしくなるんです。
そんな時にこのマッサージチェアは本当に神様みたいでした!

SATSプレミアラウンジのまとめ

SATSプレミアラウンジは、チャンギ国際空港ターミナル1の制限エリア内、中央付近にあるエスカレーターを上がって左にあります。

24時間すべてのサービスが利用可能なので、食事やアルコールを楽しみたい方にお勧めです。
疲れた体に嬉しいマッサージチェアを目的にするのもいいですが、早い者勝ちなので運が悪いと利用ができないこともあります。

水回りは私が利用した時は綺麗ではありませんでしたが、シャワールームもあります。
ターミナル1~3まであるので是非、利用してみてはいかがでしょうか。

ターミナル1で
プライオリティ・パスで入れるラウンジはこちら↓

スポンサーリンク