21世紀美術館(金沢)

2019年6月14日

スポンサードリンク

ゴールデンウィークを利用して、石川県にある21世紀美術館に行ってきました。
もはや金沢観光の定番となった21世紀美術館。
連休や夏休みなどは1日1万人を超える来館者数だとか。
実際私が行ったときも美術館をぐるっと取り囲むほどの長蛇の列ができていました。

美術館外周はあとまわしにしよう

21世紀美術館は外周の無料部分と、施設内の有料部分とがあります。
まず目につくのはどうしても外周の無料部分。
そこで時間をかけてしまう人も多いことでしょう。
ですが、施設内はどんどん込み合ってきますので、外周部分は後にして、とりあえずコインロッカーへ直行です。

外周にある無料部分。

まずは荷物を身軽に!

施設内では手荷物の制限があります。
B4サイズを超える手荷物はコインロッカーかチケットカウンターのスタッフに預けるかします。
コインロッカーは100円入れて預けて、後で100円戻ってくるため実質無料。
ロッカーは無料で通り抜けられる通路にあるため、空きがあればすぐに入れてしまうことをお勧めします。

荷物制限があり、チケット購入で並んでいるとスタッフに声をかけられます。

待つのはチケット購入列!

基本的に待つのは入場列ではなくチケット購入列です。
私が行ったときは、そもそもの来館者数が多かったこともあり、多少人気エリアは並んだりしましたが、それでも20~30分ほど。
チケット購入に1時間以上並びました。

前売券があると展示室へ直行できる

21世紀美術館ではコンビニなどで発券された前売券を持っていると、チケット購入列に並ばずに展示室に直行することができます。
チケットをチェックしてくれる所には列がほとんどないため、電車の改札を抜けるようなレベルでパスすることができます。

購入方法はコンビニにより異なります。
セブンイレブンやファミリーマートではチケットぴあ経由の購入、ローソンではローソンチケットでの購入となります。
その際、チケットぴあでのコンビニ発券分など、発券手数料がかかるものもあるのでご注意下さい。
ちなみに、21世紀美術館周辺ではコンビニが見える範囲にありません。
事前に買っておくと時間とお金の節約になります。

むぎ
むぎ
前売券の方が当日券より少し安いよ

一番人気はスイミング・プール

テレビやガイドブックでも良く紹介されている、21世紀美術館を代表する展示だと思います。
スイミング・プールという作品だということは、この記事を書きながら知ったんですけどね。
一番人気のスポットのため、ここに入る為には多少並びます。

プールの中から見た様子。
結構ぎゅうぎゅうな状態で見ています。
上から見たプール。全く知らない人達を写すだけっていう・・・

他の展示は空いている

展示室は思ったより多くなく、暗い部屋、撮影禁止の部屋もあります。
正直、混んでいるのはスイミング・プールだけです。
撮影禁止エリアもガラガラです。
だからと言ってつまらないわけではありません。

壮大な何か。船・・・?とりあえず人がまばらです。
大きな絵。人が写り込まないくらい人がいません。

カプーアの部屋

個人的にこの21世紀美術館で一番の押しは、カプーアの部屋です。
ここは唯一の撮影禁止エリアで、部屋も薄暗い為、もし撮影可能だとしても上手に撮れる自信はありません。

とりあえず展示室の前の看板。

何が一押しかって、それはご自身の目で見てこられるのが一番!
スイミングプールのような華やかさはありませんが、不思議な気分になります。
終始頭が『??』という感じ。
公式サイトに写真が載ってはいますが、はっきり言ってすごさ、不思議さは伝わりません。
もしかしたら最初見た時も、「これがなに?」と思うかもしれません。

意外と見る場所は限られる

外周にある展示を見て過剰な期待をしてしまうかもしれませんが、施設内の展示はそう多くありません。
スイミング・プールも長居するような場所でもないですし、そのほかの展示も説明文がしっかりある所があまりないので、滞在時間は30分程度でしょうか。
むしろ外周の方がお子様連れなどには人気なようです。

スポンサーリンク