伊勢旅行(三重県)2日目

2019年6月23日

スポンサードリンク

2泊3日の伊勢旅行へ行ってきました2日目。
当初の目的である伊勢神宮、松阪牛、伊勢海老は全て達成済みですが、もちろんもっと寄せていこうという下心の芽生える2日目です。

猿田彦神社参拝

今回はおかげ横丁を散策します。
まずは内宮行きのバスに乗ります。
おかげ横丁へは内宮前で降りてもよし、その前の猿田彦神社前で降りてもよし。
猿田彦神社はガイドブックによると、是非立ち寄ろう!という場所らしい。
ということで、急遽猿田彦神社へ。

猿田彦神社
猿田彦神社。
地主神だそうで、建築するときなんかのお参りにいいんでしょうね。
もちろんお清めも。
平日の朝だというのに、割と人がいます。
良く分からないけど、パワースポット的なやつ。
おみくじありましたよ!
末吉・・・恋愛 あきらめなさい
これもパワースポットらしい。

敷地の一角にこんなところが。
のぼりは、有名人がふるさと納税しましたよというもの。
納税によってできたものなのでしょう。
南海キャンディーズの山ちゃんとか。
小藪さんとか。
こっちにもこんなかわいらしいおみくじが。
中には鈴が入っています。
ピンクの鈴が入っていました。
結果は小吉だったので内容割愛・・・

おかげ横丁散策

猿田彦神社から歩いておかげ横丁へ。

こんな地下道があります。
おかげ横丁に通じる道。
まだおかげ横丁ではない。
こーんなだだっ広い石畳を進んでいくっとおかげ横丁があります。
普通に車の往来があります。
建物が全体的にこんな雰囲気。
真珠のお店多いですね。
赤福も店舗が多いです。
この赤福の向かい側におかげ横丁があります。

おかげ横丁入り口
おかげ横丁入り口。
この怖いネコが目印です。
入り口の逆側はこんな感じ。
賑わいがないので、迷うことはないと思います。
こんな休憩所がとても多いです。
店の屋根には「見ざる聞かざる言わざる」ならぬ
「見たい聞きたい言いたい」猿がいます(笑)

おかげ横丁の豚捨

ここらでお腹が減ってきたので11時前でしたがお店へ。
本当は食べ歩きしようかとも思ったんですが、結構並んでたのもあって、お店へ。
お昼は豚捨
(あまりに牛がおいしすぎて、豚を捨ててしまえ!というところから名前が付いたんだとか・・・)
座敷かテーブルかと問われたので、テーブルで・・・と伝えると2階席へ。

メニューには目的としていたすき焼きがない!
ここで、お店の人に「すき焼きを~」と伝えると席が変わりました。
2階でも、メニューによって席が変わります。
ちなみに、テーブル席がいいから二階をチョイスしたのに、すき焼きなどになると二階でも座敷になります。
豚捨
メニューこちらが座敷のメニュー。
ちょっと贅沢。
松阪牛のすき焼き。
すき焼きチョイス!!
もちろん、松阪牛!2人前から。
お肉の厚みがヤバイ!
最初はお店の人が調理してくれます。
生でも食べられるお肉!
柔らかく、甘く、すごくおいしい!

しらたき、野菜、お豆腐、最後にデザートでメロンが出てきました。
お肉は二人で5枚出てきます。

再びおかげ横丁~おはらい町

満腹になったところでおかげ横丁散策開始。

つゆの素や出汁などが結構売られていて、飲み比べできました。
お祭りチックな一角もあります。
射的とかね。結構やってる人いました。

宝くじ売り場もあり、その上にはネコ様。
日光にもこんなネコ様がおります。
せっかくなので夢を買いました。
おみくじ付きらしく、大吉が出たら何かプレゼントされる模様。
みたらし花子
ちょっと気なるのを発見!
みたらしだんご
のぞいてみたらお団子を焼いていたので、買ってしまったみたらし団子
豆腐庵山中
かなり分かりにくいいんですが、豆腐庵山中
こちらのうの花ドーナツとソフトクリームお勧めです。
お豆腐ドーナツ
こちらが豆腐庵山中のうの花ドーナツ。
さくっとしててほんのり甘い。
豆腐庵山中のおとうふソフト。
むっちゃおいしい!
スヌーピー茶屋
スヌーピー茶屋があったり、いつの間にかおはらい町へ来ていました。
たくさんの土産屋さん。ここはもう、内宮の近く。
あわび串なんかもあります。
内宮前には人力車が。
東京の浅草寺周辺の人力車と違って、ガツガツしていません。
目が合っても話しかけてこないし、強引に目を合わせにも来ません。

帰りは内宮前からバスで。

バス時刻表(内宮から外宮へ)

おかげ横丁、おはらい町、おすすめの食べ歩き

  • 豆腐庵山中の『おとうふソフト』と『うの花ドーナツ』
  • 豚捨の『コロッケ』
  • 松阪牛串

おかげ横丁、おはらい町のいたるところに牛串はあります。
他にもへんば餅や赤福のお汁粉もありますが、上に揚げたものは是非召し上がっていただきたい!

バスはたまたまかもですが、毎回待つことなく乗れました。
もしお伊勢参りをしてバスに乗ることがあったら、是非気づいて頂きたいことがあります。
バス停には数名の案内スタッフ(おじさま方)がいますが、バスが発車する際、3人一斉にお辞儀します。
遠くにいるスタッフは手を振ってくれます。

ガイドブックによると、じっくり見て回るには5時間半ほどかかるようです。
今回、猿田彦神社から帰りまでは6時間ほど。
まずます時間通りと言ったっところでしょうか。

宿に戻ってから帰路まではまた次回。

スポンサーリンク