数寄屋バーグ(ハンバーグ)

2019年3月31日

スポンサードリンク

茨城から友人が遊びに来てくれたので、数寄屋バーグ銀座本店へ行ってきました。
いつも銀座に行くと行列を作っている数寄屋バーグ。
この日は平日ということもあり、待たずに入ることが出来ました。

数寄屋バーグのこだわり

行列が出来る理由はいろいろあると思いますが、数寄屋バーグは業界トップクラスの高級卸元によって目利きされたA5、A4ランク特選黒毛和牛や最上級特選牛のみを仕様しているんだとか。
なかなか手に入れることのできない京都高級料亭で使われている特Aランク米などを使っているんだとか。
そんなわけで、全国から年間7万人以上のファンが訪れるお店だそうです。

カスタムハンバーグ

数寄屋バーグの特徴としては、自分の好みに合わせてカスタムできるところだと思います。
まず、ハンバーグのサイズを決めます。

  • 150g Sサイズ 1,000円
  • 200g Mサイズ 1,300円
  • 250g Lサイズ 1,550円
  • 300g XLサイズ 1,800円

価格帯もリーズナブルと言っていい感じかもしれません。
そしてこれに対して好きなトッピングをチョイス。

  • とろけるチーズ 100円
  • 月見のせ(半熟目玉焼き) 100円
  • 月見トマト 200円
  • ベーコントマト 200円
  • チェダーチーズベーコン 200円
  • 月見チーズ 200円
  • とろけるチーズトマト 200円
  • ダブルチーズ(とろけるチーズ+チェダーチーズ) 200円
  • アボカドチーズ 300円
  • 月見トマトチーズ 300円
  • アボカドトマト(わさび醤油ソース) 300円
  • かける濃厚チーズフォンデュアボカドのせ 400円
  • 数寄屋バーグスペシャル 400円

トッピングによって、価格帯はリーズナブルじゃなくなってきます(笑)

そして最後に好きなソースを選びます。

  • 極旨数寄屋オリジナルガーリック醤油ソース
  • 熟成デミグラスソース
  • わさび醤油ソース
  • コク旨トマトソース
  • 和風ポン酢ソース

ソース一つとっても、好みってわかれるものですよね。
それを好きにチョイスできるのはとても嬉しいです。

こちらはセットのサラダ。
このサラダのドレッシングは私の好みです。
アボカドチーズ。
ソースはデミグラスソースって決められていた気がする・・・。
月見チーズ。
オリジナルガーリック醤油ソース。

感想

正直、お肉がA5、A4ランクを使っているとは分かりません。
そのクラスのお肉を食べるなら、やっぱりステーキとか焼肉が好きかもしれません。
ただ、量やトッピングをカスタムできるのは非常に嬉しいところ。
殆どのお店はソースくらいしか選べなかったり、細かくチョイスすることができません。

このお店の注意点としては、座席数が非常に少ないことと、席が狭いことです。
2名で行くとかなりテーブルが小さい為、店員さんが順にお冷やらおしぼりやら持ってきたのに手を付けずに待っていても、置く場所に困る感じです。
今まで行ったお店でも、ここ以上にテーブルが狭いお店は知りません。(あるのかもしれませんが)
荷物入れも準備されてはいますが、大荷物の人にはお勧めしません。
とにかく狭い。
そして、基本的には並ぶことを覚悟して行くべきお店です。
なぜかいつも長蛇の列です。

味は好みがあるでしょうが、いろいろカスタマイズできるので、自分にあった組み合わせを見つける楽しさもあると思います。
全国のファンが押し寄せるハンバーグ屋さん、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク