稲毛屋(鰻)

2019年3月17日

スポンサードリンク

会社の先輩たちと文京区は千駄木にある鰻屋さん、稲毛屋に行ってきました。
私が体調を崩す日々が続いており、栄養付けなさい!と会社の方が予約してくれました。
ちなみにこの日は予約でいっぱいで、お店の入り口には
「本日予約にて満席です。またのお越しをお待ちしております。」
と張り紙があり、凄い人気であることがうかがえます。
最寄り駅から徒歩約7分と、若干遠めであることもあり、期待が高まります。

肝さわ。
まずはキモわさ。
鰻のキモを茹でて、それをわさび醤油で食べます。
見た目はとってもグロテスク・・・
肝の串焼き(タレ)。
肝の串焼き(タレ)。
口の中に入れた途端にふわっと溶けました!
超絶うまい!!
うまき。
うまき。
鰻の卵焼きです。
白焼き。
私が頼んだ白焼き。
白焼きのおいしいお店は味に自信があるお店です。
白焼きを置いていないお店も意外と多いです。
関西風うな重。
こちらは関西風うな重。
前開きで焼いてあるため、パリッと香ばしい。
関東風うな重。
こちらは関東風うな重。
背開きで蒸してから焼いたもの。
ふんわりふっくら柔らかい。

関西風、関東風、そして白焼きと、すべて味わい、素材の味を味わいたい人には白焼きがお勧めかと。
ちなみに、関東風が背開きである理由は
「前から開くのは切腹と同じだから」
と聞きましたが、本当なんでしょうかね。

大体【並】が2500円前後、【上】が3500円前後となっております。
ランチメニューは2000円以内で収まります。
どちらにしても、ちょっとリッチなお食事です。

私はいわゆる呑兵衛が好きな酒の肴が好物でして、鰻の肝なんかは大好きなんですが、
肝系が苦手な方にはキモわさはお勧めしません。
正直肝系大好きな私でも、あまり得意ではありませんでした。
串焼きはすごくおいしかったですけどね。

あと、肝吸いもあります。
肝系のお料理は事前に予約しておかないと肝が無くなっている事があるそうです。
入店時に確認したので、今回は食すことができました。
こちらのお店へ行く際には(夜)、必ず予約することをお勧めします!

スポンサーリンク