生粋(焼肉)

2019年3月17日

スポンサードリンク

一ヶ月以上前から予約していた焼肉屋、東京は末広町にある生粋に行ってきました。
この焼肉屋さんは都内でも予約が取れないことで有名なお店の系列店。
当然お値段がかわいくないです。
でもその値段にふさわしいお店です。

開店前からお店の前には人だかり。
予約しているので堂々と暖簾をくぐると既に満席。

黒糖梅酒。
まずは食前酒。 黒糖梅酒。
ユッケのブルスケッタ。
パンにはバターが塗ってあって、
ロースターで軽く炙ってから食べます。
お肉のお刺身
お肉のお刺身。 なので、当然「生」です。
こんな感じ。
奥が岩手県産の豚肉。
真ん中がツチノコと言われる部位。
手前が厚切り牛タン。
ツチノコは赤身なのにすんごく柔らかくておいしい!
ランプ。
こちらもとっても柔らか。
炙りの握り。
若干炙ってあるの、分かりますかねぇ。
シルクロースとザブトン。
もう何を食べてもおいしい・・・
手前はシャトーブリアン。
奥がミスジのすき焼き用のお肉。
カルビ。
厚切りで食べごたえが抜群。
葱タン。

ユッケジャンクッパ。
かなり辛いです。

席は二時間制で食べ放題などはありません。
座席にそれぞれスタッフの方が付いて焼いてくれます。
正直最初は落ち着かないです。
しゃべってる内容聞かれるのも嫌だし、会話が止まって気まずくなります。
そのうち慣れちゃいますけど。

このお店に行ったら、是非とも食べて頂きたいのがツチノコ
赤身の概念を覆されます。
とっても柔らかくておいしい逸品。

末広町駅から歩いてすぐなので、立地も文句なしです。

スポンサーリンク