ホテル・ニッコー・サイゴンの『ザ・ラウンジ』利用レポート。ロールケーキがおすすめ!

2019年9月5日

スポンサードリンク

ホテル・ニッコー・サイゴンの『ザ・ラウンジ』利用レポート。ロールケーキがおすすめ!
ホテル・ニッコー・サイゴンの『ザ・ラウンジ』利用レポート。ロールケーキがおすすめ!

JGC修行1発目ではベトナム旅行に行ってきました。

そこで宿泊したホテル・ニッコー・サイゴンの中にあるザ・ラウンジをご紹介します。

ニッコー・サイゴンの中には今回ご紹介するラウンジの他、クラブラウンジが存在します。

クラブラウンジはホテルの23階に位置し、クラブルームという高級なお部屋に宿泊しないと利用できない特別なラウンジ。

一方、ザ・ラウンジは誰でも利用できるラウンジです。

ホテル・ニッコー・サイゴンのザ・ラウンジについて

ホテル・ニッコー・サイゴンのザ・ラウンジについて、4つのポイントをご紹介。

ぱっと見、閉鎖感があって、メニュー表も無いため高いか安いかも分からない為、入りにくい印象ではありますが、特に心配する必要はありません。

次にご紹介する、4つのポイントをチェックして利用してみてください。

ホテル・ニッコー・サイゴンのザ・ラウンジ4つのポイント
  1. 1ドリンク制
  2. お客さんが少ないのでゆったりできる
  3. ザ・ラウンジのメニューは意外と高くない。巨大ピザは900円。
  4. おすすめは超絶品ロールケーキ。ラウンジ利用したら絶対に注文すべし

1ドリンク制

ザ・ラウンジは1ドリンク制です。
要するに、一人1杯ドリンクを注文しないと利用できません。

ザ・ラウンジの外観。結構閉鎖的
ザ・ラウンジの外観。結構閉鎖的

入り口にメニューの提示もなければ、お客さんがどのくらい入っているのかも見えないため、閉鎖的でちょっとハードルが高い印象でした。

なので非常に入りにくいです。

あまりの入りにくさに、日本人スタッフの方に利用方法などを聞いてみたところ、1ドリンク制で利用できるとのことでした。

チェックインの際に1ドリンクサービス券が付いてきました。それを利用してもいいということだったので、実質無料でいざ、ザ・ラウンジへ!

お客さんが少ないのでゆったりできる

ザ・ラウンジの中。広々としていてピアノなんかもある。
ザ・ラウンジの中。広々としていてピアノなんかもある。

最初の印象では閉鎖的だったため警戒していましたが、かなりゆったりとした高級感のあるラウンジです。

メニュー表がラウンジ入り口にあるわけでもなく、値段もわかりません。

なので、ドキドキです。それゆえか、お客さんは少な目。

ザ・ラウンジのメニューは意外と高くない。巨大ピザは900円。

とりあえずどんなものがあるのか、メニューを見てみましたが、英語とベトナム語で書いているため、あまりよくわからない…。

でもお値段はそんなに高くない。

ザ・ラウンジのメニュー表

ザ・ラウンジのメニュー表です。クリックまたはタップで画像が少し大きくなります。

まぁ、ホテルのラウンジだしこんなものか。

とりあえずお腹もすいていたので、1ドリンクサービス券でカフェラテ
あとはシェアできるマルゲリータを注文しました。

マルゲリータは現地通貨で190,000ドン。(現地では0を3つ省略されています)
日本円にして約900円。

まずはカフェラテ到着

カフェラテが到着しました。2種類のラテアートがされています。

スプーンの大きさから何となくわかるかもしれませんが、結構な量です。

また、ちょっとしたクッキーも付いています。

オーソドックスなカフェラテ。
オーソドックスなカフェラテ。
桃?ラテアートされている模様。
桃?ラテアートされている模様。

マルゲリータ到着。でかい!!

日本円にして900円ほどのマルゲリータ、小さいのがくるのかなぁ~なんて思っていたらとんでもない。

でかい!!でかすぎるよマルゲリータ!!

普通に日本のピザ屋さんのピザより分厚くて大きい!

二人でシェアするにも食べきれません…。結局、店員さんに、部屋に持ち帰りしたい事を伝えるとタッパーに入れてくれました。

これで900円ほどとは驚きの大きさ
これで900円ほどとは驚きの大きさ

おすすめは超絶品ロールケーキ。ラウンジ利用したら絶対に注文すべし

もう、とにかくおすすめはロールケーキ!

ニッコー・サイゴンに泊まったら、いや、泊まらなくても是非このザ・ラウンジのロールケーキは食べてみて下さい!

私はいまだかつてこんなにおいしいロールケーキは食べたことがありません!

ザ・ラウンジのロールケーキ。生クリームとカスタードクリームが入っているようです。
ザ・ラウンジのロールケーキ。生クリームとカスタードクリームが入っているようです。

このロールケーキ、実はメニューに載っていなかったんです。

でも、ラウンジの前でワゴンに乗せてケーキ類を運んでいるスタッフがいて、そこにあったこのロールケーキが気になっていて、ラウンジのスタッフに

「ロールケーキが食べたいよ!」

と行ってみた所、持ってきてくださいました!

ロールケーキは超絶ふわっふわ

もうね、超絶ふわっふわなんですよ!こんなにきめの細かいロールケーキの生地は初めて!
頬張るたびに口の中でじゅわっと音がするんです!

中のクリームは濃厚で上品な甘さのカスタードクリームと生クリーム。

これを食べる為にベトナムに行ってもいいくらい美味しい!

メニューに載っていないので値段が分からないのが残念なところですが、マルゲリータとロールケーキで、日本円にして1500円ほどでした。

意外と高くないどころかお得感がすごい!




翌日もザ・ラウンジを利用。本場のフォーやステーキを注文

ザ・ラウンジのお得感が嬉しかったので、翌日もこちらで食事をしました。

ベトナムフードのフォーや、オニオンスープとアンガス・リブアイ・ステーキを注文 。

1ドリンク制なので、コーラとホットミルクを注文。
1ドリンク制なので、コーラとホットミルクを注文。

ベトナム本場のフォーを注文

ベトナムと言えばフォー。フォーと言えばベトナムです。

ラウンジでもフォーの取り扱いがあったため、本場のフォーを注文。
チキンかビーフかを選ぶ事が出来、今回はビーフをチョイス。

お値段はマルゲリータと同じで190,000ドン。日本円にして900円ほど。

ベトナムフォー。お肉はビーフ。ボリューム満点!
ベトナムフォー。お肉はビーフ。ボリューム満点!

すさまじき量のフォーです。そして野菜もてんこ盛り。

フォーと野菜はセットです。
フォーと野菜はセットです。

もやし、パクチー、そのほかよくわかんない香草。
独特のにおいがすごい。

赤いのは唐辛子。パプリカだと思って食べたら、無茶苦茶辛くてびっくりしました。日本の唐辛子よりかなり辛い!

スープが美味しい。香草は好みが分かれるかも…。

フォーの味はというと、スープがあっさりしていましたが、美味しかったです。

ただ、香草は独特のにおいが強いので、好みは分かれるかもしれません。

オニオンスープ

オニオンスープは145,000ドン。日本円で670円位。なかなか良心的な価格な上、量もたっぷり目です。

チーズもたっぷり乗っていて、味も美味しかったです。

オニオンスープ
オニオンスープ

アンガス・リブアイ・ステーキ

アンガス・リブアイ・ステーキ(180g)は655,000ベトナムドン。日本円で3,020円。

参考までにロイヤルホストのアンガス・サーロイン・ステーキ(225g)とライスでは約2,900円。

値段は割高感は少しありますが、セットになっている、パンとポテトのボリュームが凄いです。

付け合わせにマッシュポテトかフライドポテトを選ぶ事が出来、フライドポテトをチョイスしましたが、ポテトだけでも結構な量です。

味も美味しかったです。ボリュームが凄かったですが、なんとか食べきりました。

アンガス・リブアイ・ステーキ
アンガス・リブアイ・ステーキ




ホテル・ニッコー・サイゴンのザ・ラウンジについてまとめ

ザ・ラウンジに堂々と入るべし

ホテル・ニッコー・サイゴンのザ・ラウンジは閉鎖的な為、一見高そうで入りにくい印象ですが、そんな事はないです。

食事の価格はリーズナブルでボリュームもかなりあります。

個人的には価格面や味から、ロールケーキとオニオンスープはオススメです。

また、ディナーの時間にはピアノとバイオリンの生演奏をしていました。低価格で高級感を味わう事が出来ます。

エアコンが効き過ぎるので羽織るものを用意すべし

ただ、ホテル・ニッコー・サイゴンに限った話ではありませんが、ベトナムはエアコンはちょっと効き過ぎる感じはあるので、羽織るものを1枚持っておいた方がいいです。

ザ・ラウンジもかなり寒かったです。

ホテルニッコーサイゴンの宿泊予約方法について

ホテルの宿泊予約なら、エクスペディアがオススメです。

最安値な上、24時間の日本語サポートで困ったときも対応してくれます。

海外のホテルを予約する際に何度かサポートに問い合わせた事があります。

海外旅行は不安が多いですが、24時間で日本語対応してくれる点はありがたかったです。

ホテル・ニッコー・サイゴンの宿泊価格を見てみる(エクスペディア)

スポンサーリンク