しっぽまでぎ餡がぎっしり!鳴門鯛焼本舗のたいやき

2019年6月23日

スポンサードリンク

浅草橋にある鳴門鯛焼本舗へ立ち寄りました。
所用で通りすがったものの、行列ができており帰りに立ち寄った次第です。

焼きたての鯛焼きの群れ
焼きたての鯛焼きの群れ
外観はこんな感じでわらび餅も人気らしい
外観はこんな感じでわらび餅も人気らしい

この時は既に人気のわらび餅は売り切れ。
期間限定だからなのかな、一度食べてみたいものです。

購入したのは十勝産あずきと鳴門金時いも、それぞれ2つずつ。
持ち帰り用と食べ歩き用です。

包みの文字が茶色いのが十勝産あずき、黄色の方が鳴門金時いも。
包みの文字が茶色いのが十勝産あずき、黄色の方が鳴門金時いも。

できたてアツアツです。

食べた感想

こりゃ行列できますわ。
外側はパリパリと香ばしく、内側はもちもち。
そして餡がぎっしり!
皮も極限まで薄いんです!

餡がぎっしりつまった鯛焼き
餡がぎっしりつまった鯛焼き

ここまでぎっしりと餡がつまっている鯛焼きは初めてです。
本当にしっぽのぎりぎりまで餡がつまっています。
十勝産あずきも鳴門金時いもも、どちらも甲乙つけがたいおいしさ。
違いをいうなれば、十勝産あずきは甘味を抑えてありますが、しっかりとしたおいしさ、鳴門金時いもは上品な甘さでくどくない感じ。
できたては当然おいしいですが、こちらの商品は持ち帰ってから美味しくいただくための調理方法も紹介しています。

温めなおし方

小さじ一杯ほどの水を鯛焼きにまんべんなくかけてなじませます。
レンジで1分ほど温めます。
次に2分ほどオーブントースターで焼くと、パリッとした香ばしい食感がよみがえります。

気になるお値段

十勝産あずきが1つ180円、鳴門金時いもが1つ200円と、一般的な鯛焼屋さんより少し高級?と一瞬思いますが、このクオリティであれば納得です。

また、公式ホームページからネット販売も取り扱いがあります。
↓ ↓ 気になる方はこちらからどうぞ。
鳴門鯛焼本舗ネットショッピング

お店は関東を中心に東海、関西、中国、九州でチェーン展開されています。
東北、北海道には今のところ店舗がないため、お店を見かけたら是非一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク