伊香保温泉(群馬県)1日目

2019年6月14日

スポンサードリンク

2泊3日で伊香保温泉に行ってきました。
温泉と言えば温泉街!という気持ちでいるため、どうしても行くところが偏りがち。
今回は石段街のある伊香保をチョイスしました。

伊香保温泉へは渋川駅からバス

JR高崎駅から渋川駅へ向かいます。
上野駅からだと新幹線を利用すれば1時間20分程度で到着。
渋川駅からバスで20分ほど行ったところに、石段街があります。

こちらが石段街の下段。
水しぶき上がっていますが、白いのは湯気。
これは源泉なんです。
これだけ見晴らしのいいところまでバスで上ってきます。

SARA"S terrace Arraiya

到着してまず、おなかがすいたので石段街中腹にあるSARA"S terrace Arraiyaでランチ。
ラーメンやらステーキやら、いろんなものがあります。
せっかくなので上州牛ステーキを注文。

和なのか洋なのかイマイチ分からないけど、とりあえずおいしい。
ワインのコルクを使ったアート。
店内は非常におしゃれな雰囲気。

心に咲く花 古久家(こくや)

今回お世話になったのは心に咲く花 古久家(こくや)
もちろん露天風呂付客室です。
石段街まで徒歩1分という立地の良さも魅力です。
チェックインの際にお茶とお菓子を出してくださいます。

お抹茶を出してくれるところは初めてです。
ロビーはこんな感じ。
室内に池?があったり、かなり雰囲気が素敵です。
洗面所にはアメニティがしっかり揃っています。
シャワーブースもこちらにあります。
掘りごたつ風のこのスペースはお月見をするところなんだとか。
お月見スペースの左手に露天風呂に通じるドアが。
このドア、一段高くなっていて、窓は狭いため、頭をぶつけました・・・
あと、脱衣所ないのでこのパーテーションのところで脱ぎます。
室内から丸見えの露天風呂。
ブラインドも下げられます。
伊香保の源泉は黄金の湯と白銀の湯があり、こちらは黄金の湯。
湯上りしにくく温度も低めなのだそう。

一日目の夕食

食事は全て食事処に移動します。

こんな6~8人掛けのテーブルで食べます。
半個室です。
白子ポン酢。
とても新鮮で美味。
カラスミと大根。
カラスミ大好き。
漬け鮪の握り。
なまこ。
これはちょっと苦手。
食前酒の梅酒。
酒好きの品が多い。
牡蠣の茶わん蒸し。
トマトソースにパルメザンチーズがかかった洋風。
カワハギと白子のバター焼き。
これがむちゃくちゃおいしい!
お造り。
野菜の天ぷら。
三宝柑とヨーグルトムース。
カニクリームコロッケ、トリュフ添え。
梅がゆ。

とにかく何を食べてもおいしい!

古久家のおすすめポイント

  • 石段街まで歩いて1分と便利な立地
  • 仲居さんたちが非常にフレンドリーで対応も丁寧
  • 食事がおいしい!

他にも露天風呂付客室の旅館はありますが、かなり高額。
こちらの宿も決してリーズナブルとは言えませんが、その中でもまだ比較的手が出せるラインかと。
仲居さんのほとんどは年配の方々で、若い人はお見掛けしませんでしたが、大変心配りのできている素敵なお宿です。

スポンサーリンク